プロフィール
DIVE OCEANS Perth
DIVE OCEANS Perth
西オーストラリア・パースで働くダイビングインストラクターのブログです。ダイビング、海の生き物、ダイビングインストラクターの情報を発信していきますので、宜しくお願いします。
We're protecting the ocean
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2011年06月02日

クラゲとビニール袋

今回はちょっと真面目なお話を。← キャー、また雨が降るぞーー。


今日、2通のメールが届きました。
Clean Up Australiaからのニュースレターと



Save Our Marine Lifeからのメールでした。




Clean Up Australiaは、毎年行われるClean up Australia Dayのときにお世話になっていますが、
今日のメールは水中環境のことだったので、特に目がとまりました。

そのメールの件名は、
Help save our sea turtles – before it’s too late!

Say NO to Plastic Bags


世界中に7種類のウミガメがいます。

そのうちの6種類がオーストラリアの周辺に住んでいますが、
ほとんどが絶滅危惧種に指定され、絶滅寸前の種類もいます。

ウミガメの個体数が減った理由はたくさんありますが、
海の汚染が原因であることが間違いありません。
その汚染は人間が原因です。
特にウミガメがビニール袋をクラゲと間違えて食べてしまうことが
大きな問題になっています。

ウミガメの86%は、海に漂うビニール袋を好物のクラゲと間違って食べてしまい、苦しんだり、窒息してしまったりしています。

世界中で1分間に100万枚のビニール袋が使われています。
そして年間約300万トンのプラスチックが飲料用ボトルとして
用いられています。
また毎年4兆5千億個のタバコのフィルターによって
それに含まれる有害な化学物質が撒き散らされ、
海洋生物を脅かしています。

海のゴミの約80%がプラスチックです。
ある海域ではプランクトンの6倍もの数のプラスチックが
ゴミとして漂流しています。
1平方キロメートル辺り約17700個のプラスチックゴミが
海面に浮いてあり、その70%は最終的に海の中に沈んでしまいます。

プラスチックのゴミは生物によって分解されません。
そのゴミは少しずつ小さくなっていきますが、最後には
微小なプラスチックの粒になって、分解されることなく水中に残り続けます。

アルミ缶は分解されるのに100年かかります。
ガラスの瓶は分解されるのになんと100万年かかります。
Project AWAREのホームページを見てください。)

切れた釣り糸や網、ロープなどに絡んで死んでしまう海洋生物は
イルカ、クジラ、アシカ、アザラシ、ウミガメをはじめとする260種類にも
及んでおり、10万匹が窒息して死んでしまったり、絡んで苦しがっています。

毎年100万羽を超える海鳥たちも、海のゴミの影響で死んでいます。


毎年、600万トンのゴミが海に捨てられています。


書いているうちに、悲しくなってきました。


長くなったので、次回に続きます。

Say NO to Plastic Bags


目指せ、ダイビングインストラクター
  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 16:37Comments(3)ダイビング情報