プロフィール
DIVE OCEANS Perth
DIVE OCEANS Perth
西オーストラリア・パースで働くダイビングインストラクターのブログです。ダイビング、海の生き物、ダイビングインストラクターの情報を発信していきますので、宜しくお願いします。
We're protecting the ocean
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2011年06月20日

祝 ランキング5位

小梅さーーんwww
やりましたよwww

今日のブログランキングが過去最高の5位になりました。

うれしいです。

皆様本当にありがとうございます。

これでスタッフにも大きい顔ができます。←そこ?
(やつらは16位)

証拠を残す為、保存しました。↓  ←子供か?




さて、
その16位のスタッフブログインストラクターも継続教育パート2で紹介されていた
コースディレクターになるために条件について書いてみたいと思います。

コース・ディレクターは、
PADI コース・ディレクター・トレーニング・コース(CDTC)を修了した
PADI マスター・インストラクターに授与される資格です。

このCDTCに参加するためには、
いくつかの条件を満たしたマスター・インストラクターが
各自の所属PADI オフィスへ提出して申し込みます。
(詳しくは目指せダイビングインストラクターのホームページをご覧下さい。)

その後、志願者は一連の選定基準に基づいて審査され、
合否の通知を受け取ります。

CDTCは毎年2回、
3月にマレーシア、6月にドミニカ共和国で行われます。

毎回120名ほどのマスターインストラクターが申請書を出し、
上位40名ほどが選出されます。(その年により多少変わります)
世界中のマスターインストラクターが集まりますので審査はとても厳しく、
1回で合格する方もいれば、何回目かの挑戦で合格する方もいます。


私は2003年のマレーシアのCDTCに参加させて頂きました。
世界中から集まったマスターインストラクターと一緒にたくさんのことを
学ぶことができ、本当に素晴らしい経験でした。

そしてこのCDTCで
たくさんの素敵な日本人インストラクターの方に出会えました。

この出会いが私を今でも支えてくれています。

このとき参加された日本人インストラクターは私を含め7名でした。
日本から3名、タイから1名、バリ島から1名、ケアンズから1名、
そして問題児(私のこと)がパースから1名です。

このCDTCの話はとても面白いので、
次回この続きを書いてみたいと思います。



目指せ、ダイビングインストラクター
  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 16:38Comments(4)ダイビング情報