プロフィール
DIVE OCEANS Perth
DIVE OCEANS Perth
西オーストラリア・パースで働くダイビングインストラクターのブログです。ダイビング、海の生き物、ダイビングインストラクターの情報を発信していきますので、宜しくお願いします。
We're protecting the ocean
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2011年06月19日

求人情報 マナド・インドネシア

エビ禁漁まであと11日です。(泣)

しかし、世界のどこかは常にダイビングのベストシーズンです。


ダイビングインストラクター求人情報です

マナドでPADIダイビングインストラクターを募集しています。

世界中のダイバーの憧れの海です。

(私も行ってみたいです。)⇔エビ禁漁の時期ね?

・PADI ダイビングインストラクター資格保持者

・長期(1年以上)で仕事ができる方

・男女問いません

・研修期間あり





他にも世界中からインストラクターの求人が来ています。
(こう見えても顔がデカいので) 


興味がある方は、エビ獲りおやじまでご連絡ください。

また、ダイビングインストラクターとして就職について
ご質問のある方もお問合せください。
  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 17:49Comments(5)インストラクター求人情報

2011年06月17日

七つ道具

ちょっと風邪気味でティッシュが手放せないエビ獲りオヤジです。


さて、下の写真は私の机にあるものです。
PC(Dell)
モニター(ACER)
インスタントコーヒー(NESCAFE)
ミント(eclipe peppermint) ← これにハマっています。
ティッシュ(Kleenex)
携帯電話(iPhone) ←これで撮影
そして足元には小型ヒーター(Delonghi)



これらがオフィスで仕事をしているときの七つ道具です。
(海に行きたいなー)


そして、ダイビングに行くときの私の七つ道具は、

レギュレーター(Scuba Pro)
BCD(Cressi-sub)
ダイブコンピューター(Suunto)
マスク/スノーケル(Oceanic)
フィン(Oceanic)
ウェットスーツ(Mares)
クレイループ(自作) ←ロブスターを獲る道具です。←あんただけ

皆さんの周りはたくさんの道具、気に入った道具があると思います。
とくにダイビングはこの道具(器材)を使いこなす事がとても大切で、
ダイビングの講習の大半は器材の使い方を学びます。

世界中にはたくさんの器材メーカーがあり
それぞれのメーカーが毎年新しい器材を発売しています。
その中で自分に合った器材を選ぶことはとても大変です。

そこで、ダイビングインストラクターはそのお手伝いをする必要があります。
自分の知識、経験を使い、そのお客様のご希望も考慮して
より良い器材を紹介しなければなりません。

インストラクターにとって器材の知識は必要不可欠です。

このブログでもダイビング器材のことを書いてみたいと思います。

実際に私が使ってみた感想や
サービステクニシャン(器材修理技師)の
目から見た器材の特徴をご紹介します。

 

記念すべき1回目はクレイループです。←やっぱり
(ロブスター禁漁まであと2週間です(泣))

お楽しみに。



ダイビング器材のご質問もお待ちしております。
  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 17:51Comments(3)インストラクター

2011年06月16日

船酔いと窒素酔い

「お客さんが船酔いするのは、インストラクターが悪い」

「お客さんが船酔いしたら、インストラクターの責任」

皆さん、このicon14意見どう思いますか?

これは、あるオヤジが教え子のインストラクターたちにいつも言っています。

お客さんが船酔いすれば、せっかくのダイビングが楽しくありません。
海を楽しんでもらうのがインストラクターの仕事です。

それなら、船酔いを防止するのも仕事です。
だから、お客さんが船酔いしたらインストラクターが
仕事をしていないということになります。  ← えーー

たしかに、船酔いは個人差や体調も関係します。
インストラクターがいくらがんばっても船酔いしてしまうこともあるかも知れません。

こういう私も今までに何人も船酔いさせてきました(泣)。 ←ほらね。





しかし、、、

船酔いを海のせいや、お客さんの体質のせいにしてしまっては、
インストラクターとして全く成長しないということです。

本当に自分はお客さんを酔わせないように
自分の知識と経験を使って努力したか?

もっとできることがあったんじゃないか?

自分以外のインストラクターならどんな対策を取っただろう?

そういう風に考え、もし酔わせてしまった時は
反省し、次回に生かすしかないのです。

インストラクターとしてお客さんを船酔いをさせないように
真剣に考え、とことん調べて、実践するしかありません。

そうすることが自分自身の船酔いの予防につながり、
船酔いを克服することができるようになります。

では、まむもむさん、お待ちかねの ← 待ってませんが。。。。
船酔い防止方法です。

私の経験をもとにいくつか書いてみます。

①まず、船に乗る前にカレーは食べない ←おい
 カレーがランチに出る場合は食べ過ぎない。

船に乗る前に適度な食事は必要ですが食べ過ぎないように。
また、何も食べないのもよくありません





②ベジマイトを食べる ← おいおい

暗示です。船酔いの薬も半分暗示です。
薬を飲んだから大丈夫、ベジマイトを食べれば船酔いしないと
暗示をかけ安心感を与えてください。
船酔いをする方は、また今回も酔ってしまうんじゃないかと思うことによって、本当に酔ってしまいます。酔ったことがない方は、自分が酔うとは全く思ってないので、酔わないのです。



③どんなに好きでもビールは飲まない ←まじめにやれ

水分をたくさん取りましょう。
経験上、コーヒーや紅茶、炭酸はよくないようです。
フルーツジュースよりも、水のほうが良いので
たくさん持っていきましょう。


④前夜のfeel04は控える ←キャー

睡眠をしっかりととりましょう。
アルコールもあまりよくありません。ほどほどに。


⑤船上でiPhoneの将棋で遊ばない。 ← あんただけ

船に乗ったら細かいことはやめて、ゆったりと海風を受け
くつろいでください。出港前にダイビングの準備をしておきましょう。
器材のセッティング、ウエイトの調整、ウェットスーツも
腰まで履いて、暑くなれば水を浴びましょう。



1日のスケジュールを聞いておくことも必要です。
それによって事前に準備できます。心の余裕が生まれます。

またダイビングに不安がある場合は、
それをインストラクターに伝えてください。
インストラクターが不安を取り除いてくれます。
不安が減れば、船酔いを防ぐことにつながります。


みなさん、船酔いを克服してダイビングを楽しんでくださいね。

続く、、、。

あっ、窒素酔いに関しては次回に。。。



目指せ、ダイビングインストラクター


  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 16:16Comments(4)ワーキングホリデーの日々

2011年06月15日

船酔いとベジマイト

船酔いとポールのカレーの続きです。




やっとの思いでジェラルトンの港に着きました。

本当にすごい嵐で、SEA-TREK(ボートの名前)の性能とレイの腕がなければ、乗り越えられなかったと、後から聞きました。

本当にすごい嵐で、ポールのカレーと私の異常な食欲がなければ、
乗り越えられたのではないかと、後から思いました。

この時の記憶は私の中でトラウマになり、
その後カレーを食べられませんでした。 ← そっち?

いえ、船に乗るたびにまた船酔いするのではないかと
不安に陥りました。

そこで、師匠のポールに船酔いしないコツを聞きに行きました。

「ヘイ、ポール あんたはなぜ揺れている船の上で本が読めるの?
どうやったら船酔いしなくなる?」

「ヘイ、ビッグボーイ、簡単だよ、俺は毎日ベジマイトを食べてるから
日本人はみんな船に弱いのは、ベジマイトを食べないからだよ」

「えーー、ベジマイト、、、、、」 ←好きな人いますか?

そういえば、ポールは自分が作ったおいしい料理はあまり食べずに
一人で食パンを焼いてベジマイトをつけて食べていました。

船酔いとベジマイトがどう関係あるのか分かりませんが、
結局船酔いを防ぐ方法はそれしか教えてくれませんでした。
たぶん、面倒くさかったのでしょう。


私はインストラクターになったあと、
このSEA TREKで働きました。

レイとポールはいつもコンビで船に乗り、
私に色々なことを教えてくれました。

レイは寡黙でとても厳しい船長で、私は何度も怒られました。(泣)
ポールは陽気でやさしく、私は何度も助けられました。

SEA-TREKは40人乗りのボートで
DIVING VENTURESがダイビングのために設計し造船しました。

10名のお客様が寝泊りできる部屋、
ラウンジ、キッチン、トイレとシャワーが2つあり、
赤い船体で格好良い船でした。
(内心シャア専用だなと思っていました)

SEA-TREKは季節によって港を移動します。
主力のボートなので、そのつど一番忙しいところで
SEA-TREKを使いました。
11月から3月まではフリーマントルでロットネスト島へ。
3月から8月まではエクスマウスでジンベイツアーとダイビング。
9月、10月はジェラルトンでアブロホスツアー。

ちなみに、DIVINGE VENTURESのオーナーである
ピーターさんが初めてエクスマウスでのジンベイツアーを
開催したそうです。
それで、SEA-TREKはジンベイザメツアーで使いやすいように
設計されました。


で、

肝心の船酔い予防法ですが、
明日に続きます、、、、すみません。(汗)



目指せ、ダイビングインストラクター





  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 17:31Comments(5)ワーキングホリデーの日々

2011年06月14日

船酔いとポールのカレー

船酔い、つらいですね。経験がある方は分かると思いますが、
本当につらいです。(泣)

ダイビングインストラクターとして仕事をする上で、
お客さんが船酔いする場合もあるし、自分が船酔いする場合もあります。

ダイビングインストラクターを目指す方の悩みに、

「船酔いをしやすい自分がインストラクターになれるのか?」というのがあります。

自分が船酔いしてしまえば仕事にならないし、お客さんに迷惑をかけてしまいます。

私が一緒に働いてきたインストラクターの中にも
船酔いに悩まされていた方がたくさんいました。

私の意見は
船酔いは克服できる。
インストラクターは船酔いするほうがいい。
理由は船酔いしたお客様の気持ちが分かり、
予防や対処方法も教えることができるからです。


私も船酔いをしていました。
とくにひどかった船酔いは、ワーキングホリデーでパースに来たばかりのころ、アブロホスアイランドへの3泊4日のツアーのことでした。


これアブロホスの写真ですicon15



このアブロホス諸島のツアーでアドバンズコースを受講しました。
初めてのディープ、ナイト、そして見たことがない珊瑚の素晴らしさに感動し、なんと同じツアーに再度申し込んで2回目のアブロホスツアーでした。
(ワーホリに来たばかりでまだ多少お金に余裕があったのです) 

ツアー最終日、2本目のダイビングを終え、ボートはアブロホス諸島から
港のあるジェラルトンに向かいます。
この日は午後から天候が崩れることが予想されたので、
早めに2本潜り、港へ帰ることになりました。

その前にランチです。

このツアーの食事は
ダイブマスター兼シェフのポールが全部作ってくれます。

陽気なおじいさんで、
日本から来たばかりの私にもとてもやさしくしてくれました。

ボートの狭いキッチンを使い、よくこんな料理が作れるなーと感心するくらいおいしい食事を3食食べさせてくれました。

そのポールが作ってくれた3種類のカレーがこのツアー最後の食事でした。

めちゃくちゃおいしくて、
特にカレーが大好きな私はがつがつ何杯も食べたのでした。←意地汚い

はい、皆さん もう分かりましたね。これが大きな間違いでした。

帰りのボートは荒れに荒れました。
ジェラルトンまで3時間です。
いつもはどんと座り余裕で
足で操船しているスキッパーのレイも
このときは真剣に舵輪を握り、
スピードを調整しながら大きな波を越えていました。
(転覆するのではないかと思うくらい揺れました)

私はというと、船の一番後ろで必死に船酔いと戦っていました。

せっかく食べたカレーを出したくない。←おいおい

男としてこんなみっともないところを見せるわけに行かない
こう見えても俺は九州男児、おじいちゃんは漁師だーーーー。

しかし、そんな無駄な決意とは裏腹にお昼に食べたカレーは、
なぜかおじやとなって海に放出されていったのでした。 ←キャーーー

他のお客さんやスタッフもことごとくおじやを排出するなか、
少し余裕が生まれた私は信じられないものを見てしまったのです。

それは、必死で船を操船しているレイの隣で、
ソファーに横になって本を読んでいるポールの姿でした。←キャーー


「えーーー、あんた人間じゃねーーー」


このときから私はポールを尊敬し、
いつか俺もボートの上で本を読んでやると
心に誓ったのでした。

この数ヵ月後、私はインストラクターして、
レイやポールのもとで働き始めたのでした。

続く。。。。





目指せポール ←???







  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 17:08Comments(4)ワーキングホリデーの日々

2011年06月13日

海外就職 FAQ

今日はWA州以外は祝日だそうです。
なんか損した気分 ← 先週はWA州だけ祝日だったでしょ。




さてさて、先日ダイビングインストラクターの求人について、
このブログでご紹介しました。

いくつかご質問を頂きましたので、
このブログでお答えしていきます。
 

まずは、年齢についてです。

色々な方に聞かれるのですが、
「ダイビングインストラクターとして働く為には年齢制限があるのか?」ということです。


答えは、「ありません」 ←それだけ?

あ、ありました。 ←おいおい

「18歳以上です。」 ←いや、だから上は?


18歳以上でダイビングに適した健康体であれば大丈夫です。


たしかに若い方が有利な面もありますが、
ダイビングは競争のない遊びですので、
他のスポーツやリクリエーションに比べ技術や経験が
体力を補ってくれます。

70歳代や80歳代の一般ダイバーの方もいらっしゃいます。


もちろん仕事としてダイビングを行う場合、ある程度の体力も必要です。
流れの中を泳ぐ能力や、緊急時に素早く対応する能力など、
インストラクターとして常に準備しておく必要はあります。

私が知っている現役のインストラクターの方は68歳ですが
海をよく知っていて、常にトレーニングを行い、
慎重で素晴らしいインストラクターです。
(若造の私が言うのもなんですが。。。)


で、求人の話ですが、
若い人ばかりが募集されているわけではありません。
中には社会経験が5年以上や、30歳以上の方など
指定してくる場合があります。

理由は、
ダイビングインストラクターは海とお客様をつなぐ仕事です。
当たり前のことですが、
社会人として、お客様に失礼のないように接しなければいけません。

一般常識、敬語など、社会人としての経験がとても大切になります。

特にダイバーのお客様は年齢層が幅広く、様々な社会経験を持った方がいます。
そういうお客様にしっかりと対応することができるかどうかが、
ダイビングインストラクターには求められます。

どんな仕事も同じですよね。
ダイビングインストラクターだけが特別な訳ではありません。

海が好きで、人が好きであれば、年齢は関係ないと思います。

今皆さんが持っている能力がダイビングインストラクターとして
成功する為に大切な武器になります。


PADIダイビングインストラクターは、独立して仕事ができます。
ダイブセンターやショップに属する必要はありません。
平日は会社員、週末はインストラクターという方もたくさんいます。

また、他の仕事を行いながらインストラクターになり、
すぐに自分のダイビングショップを立ち上げた方もいます。

経験豊富なインストラクターを雇い、自分は経営者として
ダイビングに携わり、少しずつ経験を積んで
現在ではシニアの方にダイビングを指導しています。

海外に住みたい、どうしてもハワイに住みたい、
そこで収入の糧を得たいということで、
ダイビングインストラクターになった方もいます。

日本人ダイバーの方は世界中にダイビングに出かけます。
だからこそ、海外で日本人インストラクターの需要は高いのです。



結論:

ダイビングインストラクターの仕事は、
海が好きでダイビングが好きなら
年齢は関係ない。
それぞれが、自分の年齢や経験に合ったダイビングインストラクターになればいい。
世界中の海が職場になる。

続く、、、。


ダイビングインストラクターについてご質問がある方は、
是非ご連絡ください。
  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 15:26Comments(2)インストラクター求人情報

2011年06月11日

求人情報 サイパン

今日のパースは快晴です。
(よかった 雨降らなくて)

朝のパース・バラックストリートです。icon15





ダイビングインストラクター求人情報です。

サイパンでPADIダイビングインストラクターを募集しています。

・PADI ダイビングインストラクター資格保持者

・長期、または短期

・男女問いません

・研修期間あり


他にも世界中からインストラクターの求人が来ています。

海外で働いてみませんか?


興味がある方は、エビ獲りオヤジまでご連絡ください。


また、ダイビングインストラクターとして就職について
ご質問のある方も是非お問合せください。

Happy Diving


目指せ、ダイビングインストラクター
  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 15:45Comments(2)インストラクター求人情報

2011年06月10日

海球

100年後の海の続きです。

先日プロジェクトAWAREからメールが来ました。
6月8日がWorld Oceans Dayだったので、
そのことかなと思ったのですが、
内容は、
「ホームページが新しくなったから見てね」ということでした←それだけ?
                                     ↑
                                   違います。



「見てねfeel03」といわれたら
見るしかないので(?)、早速見たところ、新たなプロジェクトが発足していて、内容もパワーアップし、ロゴも格好良くなっていました。

ちなみに前のロゴはこれ icon15



コメントは控えておきますが、、、、。



このProject AWAREは、非営利の水中環境保護組織です。

(AWAREとは Aquatic World Awareness Responsibility and Education )(水中世界に対する自覚、責任、教育)

ダイバーやボランティアの方々の協力で以下の活動に取り組んでいます。

水中清掃、海洋環境保全
サンゴ礁保護、モニタリング、データ収集
サメの保護、レポート、啓蒙活動
管理改善策と海洋保護活動
ダイバーへの環境保護トレーニングと子供への教育プログラム

この新しいHPでDIVE OCEANSとしてアカウントを作りましたので、
良かったらDIVE BUDDYとして登録してみてください。
水中環境の色々な情報を受け取ることができます。 ⇒クリック

海のためにできることから始めたいですね。

私たちの意識の変化が、海球を救うことができるかもしれません。

今日はちょっとまじめなエビ獲りオヤジでした。←傘の準備を。 



We're protecting the ocean



  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 13:28Comments(4)ダイビング情報

2011年06月09日

最強は誰だ?

Pound for pound

パウンド・フォー・パウンドって聞いたことありますか?



格闘技(とくにボクシング)が好きな方は知ってるかもしれません。

格闘技は体重によって階級が分かれていて、
その中で誰が強いかということを競います。

ヘビー級のマイク・タイソンと
フェザー級の幕の内一歩(知ってますか?)は戦うことはありません。

体重が違うからです。

しかし、もしマイクタイソンと幕の内一歩が同じ体重だったらどっちが強いか?

全ての階級のボクサーがが同じ体重で戦った場合
誰が一番強いのかを決めるときに使われる言葉が
パウンド・フォー・パウンドです。

で、

もし海の生き物をこのパウンド・フォー・パウンドで考えてみると、
いったい誰が強いかなーと考えることがあります。(結構、よく考えます。) 
                                  ↑  
                               あんただけ

もし、
ホオジロザメと7mのイセエビ(獲りたい)が戦ったら、どっちが強いかな?

もし、
車エビと5cmのシャチ(かわいい)が戦ったら、どっちが強いかな? 
   ↑
 基準はエビ?

そんなことを考えて遊んでいます。

皆さんは、どの生き物が最強だと思いますか?

皆さんの考えを聞かせてください。

私はタコが最強だと思っていますが、、、、。

続く  



目指せ、ダイビングインストラクター  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 10:45Comments(4)ダイビング情報

2011年06月08日

求人情報 沖縄 

今日も快晴のパースです。

これからがダイビングシーズンの日本からも求人が来ていますので、
ご紹介します。




ダイビングインストラクター求人

勤務地: 沖縄県那覇市

勤務: 常勤 または非常勤

資格: PADI OWSI以上(SPI)、潜水士

興味がある方は、エビ獲りおやじまで是非ご連絡ください。



ダイビングインストラクターを目指すならDIVE OCEANS
  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 12:14Comments(2)インストラクター求人情報