プロフィール
DIVE OCEANS Perth
DIVE OCEANS Perth
西オーストラリア・パースで働くダイビングインストラクターのブログです。ダイビング、海の生き物、ダイビングインストラクターの情報を発信していきますので、宜しくお願いします。
We're protecting the ocean
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2011年07月28日

欲求と大王イカ

マッコウクジラと円蔵の続きです。

マッコウクジラはなぜそんなに深く潜れるようになったのか、
または潜らなければならなかったのか?

マッコウクジラが進化の過程で
深海で生きていくことを選んだのはなぜでしょうか?

光のほとんど届かない深海で、
呼吸を止めてダイオウイカに戦いを挑むのはなぜでしょうか?

これ↓は、ホタルイカ


4本足で生活していた哺乳類の仲間が再び
海に進出したのは約5000万年前。
その中でマッコウクジラの祖先は、深海を生活の場に選びました。

マッコウクジラは浅い海での生存競争に敗れ
仕方なく深海に食べ物を求め、
いつの間にか深く潜れる様になったのか、
それとも浅い海を制覇して、
さらに自分たちの繁栄のために深海に挑戦したのか?

個人的には後者だと思いたいのですが、
実はもっと単純な理由で、
「そこに深海があったから」みたいなことではないでしょうか?

もっともっと深く潜ってみたいという単純な欲求から
訓練(あそび)を重ねて行くうちに、
いつの間にか深く潜れるようになったのかもしれません。
(欲求が進化の方向を決めるなら、
私たちももっと深く潜れるようになるかもしれませんね。)

そして深海には思った以上に豊富な食料(ダイオウイカなど)があったので、さらに進化を遂げたのかも知れません??

また、たくさんの種類のクジラの中で
マッコウクジラだけが深海に適応しているは、
マッコウクジラ連盟(?)の中で
「この美味しいダイオウイカのことは誰にも言うなよ」
ということになったのではないでしょうか?     ←まさか??

マッコウクジラは生涯の3分の2を深海で過ごすといわれています。

もともと4本足の哺乳類がここまで深海に適応できるとは驚きです。

マッコウクジラが深海で呼吸を止めて見ているものを
私も見てみたいです。

続く。。。



  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 15:24Comments(4)ダイビング情報