プロフィール
DIVE OCEANS Perth
DIVE OCEANS Perth
西オーストラリア・パースで働くダイビングインストラクターのブログです。ダイビング、海の生き物、ダイビングインストラクターの情報を発信していきますので、宜しくお願いします。
We're protecting the ocean
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2011年08月02日

おやじ、青ザメる

猫鮫ちゃんの続きです。

少し前の話で恐縮ですが、

Swan River Trust River Guardians からメールが来ました。
スワンリバーでBull Shakが捕まったということでした。
Bull Sharkの和名はオオメジロザメ(メジロザメ目メジロザメ科)です。



私はここでボランティアをしています。
簡単に言えば、「スワンリバーをみんなで守ろう」という団体です。

Dolphin Watch Training というセミナーなどを開催し
スワンリバーに住むイルカたちをよく知って
彼らを汚染から守ろうというものです。
色々なイベントを開催しており、
ニュースレターも定期的に送られてきます。
(興味がある方はホームページをご覧下さい)

さて、話をメールの内容に戻すと
スワンリバーの上流で3匹のBull Sharkが網にかかったそうです。

大きさは0.7mから1,1mのまだ若い個体です。
大学の研究者が個体を識別し記録後リリースしました。
研究者は、
『スワンリバーにいるBull Sharkの情報はあまりないが、
スワンリバーで遊ぶとき、犬や子供は注意するように呼びかけています。
またサメを目撃したときは、Water Policeに連絡するように』
とのことでした。

Bull Shark(オオメジロザメ)は、

Great White Shark(ホオジロザメ)、

Tiger Shark(イタチザメ)と並んで
凶暴(?)なサメと言われています。

特にBull Sharkは淡水にも侵入し 
浅いところや狭いところも平気です。
人間にとって、
実は最も危険なサメではないかと言われています。

このBull sharkは以前からたびたびスワンリバーで目撃されていました。

私が初めてこの名前を聞いたのはワーキングホリデーのときでした。

一緒に働いていたオーストラリア人のインストラクターが
「スワンリバーにブルシャークがでたぞ、気をつけろよ」と言ってきました。

「?ブルーシャーク?」 辞書で調べてみると
ヨシキリザメと出てきました。

「へー、なんだ、ヨシキリザメならそんなに心配する必要ないやん」と
勝手に思っていました。
(絶対に安全なサメではありません、人を襲うこともあります。)

さらに、ヨシキリザメ=フカヒレ ← 発想が貧困

としか知識がなかった私は完璧に安心していました。

Bull SharkがBlue Sharkに聞こえたのです。←ええー

英語のヒアリング力と、
サメの知識がなかった私はとんでもない勘違いをしていたのです。

後日、同僚のインストラクターが気をつけろよと言っていたサメが
Blue SharkではなくBull Sharkだと気がついたときは、
ブルーになってしまいました。 ← おやじ

スワンリバーは、パースの中心を流れ、市民の憩いの場所です。
ここにはイルカやサメ、さまざまな魚、えび、かになどが住んでいます。

都会の真ん中を流れるスワンリバーが、
これからもきれいでたくさんの生き物たちの住処として
ずっと続くことを願っています。

いつかBull Sharkにも会ってみたいです。
(ただし、満腹で機嫌がいいときに限る)

続く。。。

目指せ、ダイビングインストラクター



  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 14:09Comments(4)ダイビング情報