プロフィール
DIVE OCEANS Perth
DIVE OCEANS Perth
西オーストラリア・パースで働くダイビングインストラクターのブログです。ダイビング、海の生き物、ダイビングインストラクターの情報を発信していきますので、宜しくお願いします。
We're protecting the ocean
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2011年08月11日

かつおちゃん

クラゲちゃんの続きです。



キロネックス、居る感じ ←しつこい

に続く痛いクラゲちゃんをご紹介します。

そのクラゲは和名を カツオノエボシと言います。

カツオノエボシは別名「電気クラゲ」と呼ばれ、
触手に強力な毒を持っています。

刺されると電流が走ったように激しい痛みを受けますが、
死亡する事はまれです。

英名は Portuguese Man of War (ポルトガルの軍艦)
またはBluebottle Jelly fishと呼ばれています。

「電気クラゲ」や「Bluebottle Jelly fish」
という名前からクラゲの仲間のように思いますが、
私たちが思い浮かべるクラゲとは少し違います。 ←???

カツオノエボシはクラゲではなく、
しかもひとつの個体に見えますが、
そうではないのです。
クダクラゲの一種であるヒドロムシ(ポリプ)が複数集まって形成する
集合体なのです。
                 
        
カツオノエボシは4つの部分に分かれています。

1つ目のポリプは気体が入った青色の浮き袋 ←ここからbluebottleの名前がついています。

2つ目のポリプは触手の部分です。
長くて細い巻きひげ状で、長いものは50メートルにもなるそうです。
(シロナガスクジラより長い)

3つ目のポリプは消化を行います。
(触手を使って獲物をこのポリプへおびき寄せます。)

4つ目はポリプは生殖を行います。

とても不思議な生き物ですね。

昨日ご紹介したキロネックスと
このカツオノエボシはどちらが怖いかというと、
毒の強さ、死亡例などからキロネックスのほうが怖いかもしれません。

しかーーーーーし、
個人的には、カツオノエボシの方が怖いです。

それは、私にはカツオノエボシとの思い出したくない
壮絶な過去があるからです。(泣)

この悲しい話の続きは、また次の機会に。。。。

目指せ、ダイビングインストラクター
  


Posted by DIVE OCEANS Perth at 16:30Comments(4)ダイビング情報