プロフィール
DIVE OCEANS Perth
DIVE OCEANS Perth
西オーストラリア・パースで働くダイビングインストラクターのブログです。ダイビング、海の生き物、ダイビングインストラクターの情報を発信していきますので、宜しくお願いします。
We're protecting the ocean
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2011年06月06日

究極の寄生

ナショナルジオグラフィックのツイッターでは奇妙な生き物シリーズが
続いていますが、File4のカタツムリのゾンビの映像はめちゃくちゃ怖いです。
この寄生されたカタツムリの目が
「クレヨンしんちゃんの嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾」で、
シロのお尻についた爆弾に似ていると思ったのは私だけしょうか?←はい

さて、寄生というとちょっと怖い感じですが、
同じ寄生でも究極の愛の寄生(?)が水中にあります。




究極の愛は『チョウチンアンコウ』のオスに見ることができます。

皆さんもご存知の『チョウチンアンコウ』

深海に住んでいて、ルアーと呼ばれる発光器を光らせ、
それで獲物をおびき寄せ捕食する、とても賢い生き物です。

しかし、、、

この発光器はメスにしかついていないのです。
オスにはこの便利なルアーがないのです。
じゃあ、オスはどうやってご飯を食べているのでしょうか?


オスはメスに比べ大きな目と優れた嗅覚を持っているそうです。
またあごも発達しているので噛み付いて獲物をとることができます。

と、ところがこのオスの特徴は獲物を捕まえるというより、
メスを捕まえるために使われています。
食欲より、性欲なのです。(ががーーーん) ←古い?

チョウチンアンコウ族(?)は、彼らが生き残る戦略として、
メスだけを重視することにしました。
俗に言う「雌尊雄卑」(?)の一族なのです。

子孫繁栄のためにメスに大きな体と発光器を与えました。
そしてオスは繁殖のためだけの存在になったのです。


男性の皆さん、
これからの物語はあまりにも悲しい話なので心して読んでください。(泣)


広大な深海で同じ種類のオスとメスが出会うのは難しいものです。

そこでメスは成熟するとオスをおびき寄せるために
フェロモンを放出します。

そのフェロモンをいち早く嗅ぎ付けるために、
オスの嗅覚は発達したのです。(泣)

そして、深海でやっと出会った彼らが離れない為に
オスはその発達したあごでメスの体に噛み付きます。

そしてこともあろうに、
そのままメスの体と融合してしまい!!メスから栄養をもらいます。
究極の合体です。

オスは呼吸もやめ、メスの体の一部となりほとんどの器官は退化してしまいます。
ひとつの器官を除いては。。。。。

その器官とは精巣です。

オスの体はメスとの交尾のためだけに存在します。
そのためだけにメスに栄養をもらって生きているのです(泣)
メスは一匹のオスだけではなく、
複数のオスを寄生させることもあるそうです。(驚)

そして、そしてですね。(興奮)

さらに悲しいのは、交尾のために生きているといいながら、
一番大事な放精(射精)もメスにコントロールされているのです。

メスの準備が整い、産卵のタイミングにあわせ、メスの意思
オスの射精が行われます。(悲し過ぎる、、)

子孫を残すためにとったチョウチンアンコウの戦略はとても有効です。
深海で生き残るためにオスが選んだこの献身さを究極の愛と呼ばずして、
なんと呼んだらいいでしょう?

この愛の物語を知ってから、しみじみ思います。

本当に人間でよかったと。

続く、、



ダイビングインストラクターを目指すなら、DIVE OCEANS



人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(ダイビング情報)の記事画像
パース AB−1Grand Prix
ロブスターハンティングルール説明2015-2016
PADI サイドマウントダイバースペシャリティー
エビ獲りオヤジよりお知らせ
PADI ダイビングコースキャンペーン
テストドライブ
同じカテゴリー(ダイビング情報)の記事
 パース AB−1Grand Prix (2015-10-14 18:14)
 ロブスターハンティングルール説明2015-2016 (2015-10-04 18:34)
 PADI サイドマウントダイバースペシャリティー (2012-08-03 20:32)
 エビ獲りオヤジよりお知らせ (2012-04-30 20:25)
 PADI ダイビングコースキャンペーン (2011-12-12 16:03)
 テストドライブ (2011-12-06 22:57)

この記事へのコメント
カタツムリ、やばかった・・・。
チョウチンアンコウの世界は厳しいですね。。
人間の世界も厳しいけど^^;)
Posted by まむもむ at 2011年06月06日 18:01
まむもむさん、
自然は本当に面白いですね。
人間の世界も厳しいですが、
動物たちはそれを厳しいと思っていない気がします。
Posted by DIVE OCEANS PerthDIVE OCEANS Perth at 2011年06月07日 13:01
なるほど、そうですね!
人間だけですかね、、「厳しい」という概念があるのは。
動物のシンプルな生き方に、人間は畏怖や尊敬を感じるのかも知れませんね!
Posted by まむもむ at 2011年06月07日 19:27
アンコウ男子、すごい!
世界にはそのようにして繁殖を行なう生き物がいるんですね。
融合のイメージがなかなか湧きづらいのですが。。

やっぱり不憫だな~と思ってしまいますが、アンコウ男子はそうである事が普通なのでしょうね。
複数のアンコウ男子を寄生させるアンコウ女子に逞しさを感じてしまいます!
Posted by 小梅小梅 at 2011年06月07日 20:41
小梅さん、
アンコウのメスの体に
いつも小さい物体が引っ付いていて、それがオスだと分かるのにかなり時間がかかったようです。学者さんにも寄生虫だと思われてたみたいです。(泣)
Posted by DIVE OCEANS Perth at 2011年06月08日 11:48
寄生虫扱いですか。。
それは悲しい!
アンコウ男子!!
応援してるぞ~!!!
Posted by 小梅小梅 at 2011年06月09日 08:43
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
究極の寄生
    コメント(6)