プロフィール
DIVE OCEANS Perth
DIVE OCEANS Perth
西オーストラリア・パースで働くダイビングインストラクターのブログです。ダイビング、海の生き物、ダイビングインストラクターの情報を発信していきますので、宜しくお願いします。
We're protecting the ocean
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2011年07月20日

シロワニさん

先日、ダイビングに行ってきたロットネスト島のダイブサイト
Shark Caveには秋になると
Grey nurse shark(和名:シロワニ)が集まってきます。
先日はなぜか NO shark Caveでしたが。。。(泣)



そこで(どこで?)
今日はこのシロワニさんのことを書いてみたいと思います。
(シロヤギさんではありません)←やぎさんゆうびんって歌憶えていますか?

シロワニさんがサメ界(?)で有名になったのは、
水面に浮上して空気を吸い込む唯一のサメだからです。

水中で動かず(中世浮力)にエサを捜すことができるように、
胃に空気を貯めるのです。
(空気を吸い込むところを見てみたいですね、
どんな顔してやってるんでしょう?
団体でやってたら怖いですね)

シロワニさんは、顔がかなり怖いのですが、
性格はとてもおとなしいサメで小魚やイカなどを食べています。
人間を襲うことはほとんどありません。


しかしオーストラリアでは、
この怖い顔が災いし(私も)、
人食いざめだと思われ(迷惑な勘違い)、
1960年代までは徹底的に迫害され生息数が激減したそうです。
(皆さん、見かけで判断しないで下さい泣)

現在、シロワニの個体数は減ってきています。

シロワニは2年に1度しか出産しません。

しかも1回の出産で数匹しか生まないので、
一度個体数が減ってしまうと(人間の迫害によるものだといわれています)
なかなか回復しません。
シロワニはオーストラリアで保護の対象になっているサメです。

そして、シロワニさんには2つの謎があります。

謎1、 サメなのになぜワニという名前がついているのか

答え、Wikipedia参照 ← おい、ふざけんな


もうひとつの謎は、シロワニさんは「子宮内共食い」をすることです。
(いきなりキャーーー)

シロワニさんには左右2つの子宮があり、
40匹以上の胎仔(たいし)が孵化するそうです。
しかーーし、
その後出産するときにはひとつの子宮に
1匹ずつの赤ちゃんしか残っていません。

なぜでしょう?

実は、この赤ちゃんザメがお母さんザメの子宮の中で
ある程度大きくなると他の兄弟を食べ、
その栄養でさらに大きくなるのです。
これを「子宮内共食い」と呼んでいます。

この子宮内共食いのお陰で、
シロワニさんの赤ちゃんは生まれたときには、
大きく成長しており、すでに捕食者です。
よって、生き残る可能性が高くなります。

早く孵化して子宮内での生存競争に勝った赤ちゃんだけが
生まれることを許されるのです。

卵から孵化した瞬間に戦いを強いられるシロワニの赤ちゃんも過酷ですが、
シロワニさんは、
自分のお腹の中で子供たちが殺し合いをしていることを
どう思っているのでしょうか?

強い子を産んで、生存の可能性をあげる戦略だとはいえ、
過酷ですね。

やっっぱり人間でよかったって思いますよね。。。。

続く。。










人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(ダイビング情報)の記事画像
パース AB−1Grand Prix
ロブスターハンティングルール説明2015-2016
PADI サイドマウントダイバースペシャリティー
エビ獲りオヤジよりお知らせ
PADI ダイビングコースキャンペーン
テストドライブ
同じカテゴリー(ダイビング情報)の記事
 パース AB−1Grand Prix (2015-10-14 18:14)
 ロブスターハンティングルール説明2015-2016 (2015-10-04 18:34)
 PADI サイドマウントダイバースペシャリティー (2012-08-03 20:32)
 エビ獲りオヤジよりお知らせ (2012-04-30 20:25)
 PADI ダイビングコースキャンペーン (2011-12-12 16:03)
 テストドライブ (2011-12-06 22:57)

この記事へのコメント
先日、スタッフさんのブログでコメントさせていただきましたが、「飛び出せ科学くん」の中でシロワニさんがわんさか出てきました☆
出てきたときには「知ってる、知ってる、これ、シロワニさんだよ!」と1人、リビングで叫んだのは言うまでもありません。
その番組で、子宮内共食いの映像が流れ、「ぎょえっ」と思いましたが、自然界の厳しさを目の当たりにした気がしました。
シロワニさん、見た目に負けず頑張って♪

「ワニ」のこと、wikiのリンクがついてなかったので、自分で調べました!
「ワニ→日本で古くからサメ」で正解ですか?
BOSSさん、自分で調べさせるなんて、厳しい教官です☆でも、勉強になりました♪
Posted by まむもむ at 2011年07月20日 15:47
保護されるサメ(ワニ?)もいるんですね!
人を襲わないタイプだと、すぐに識別できるものがついていたらいいのにね。

子宮内共食い・・・恐ろしい言葉ですが、サメの世界ではあたりまえなんでしょうね。
すごいなぁ~
Posted by はるいっと at 2011年07月21日 09:22
まむもむさん、コメントありがとうございます。ワニ=さめって面白いですね。
サメの生態は興味深いことが多いです。
食物連鎖の上位にいるサメは、
一度数が少なくなると回復が難しいので
保護していかなければ。
Posted by DIVE OCEANS PerthDIVE OCEANS Perth at 2011年07月21日 12:54
はるいっとさん、
コメントありがとうございます。
いつも素敵な料理楽しみにしています。

サメは悪意から攻撃することはないそうです。人間をイルカやアシカと間違えて
かじってしまうそうです。(迷惑な話ですが)美味しそうなものをみるとつい手が出てしまうのは、人間も同じですよね。
Posted by DIVE OCEANS PerthDIVE OCEANS Perth at 2011年07月21日 13:04
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シロワニさん
    コメント(4)