プロフィール
DIVE OCEANS Perth
DIVE OCEANS Perth
西オーストラリア・パースで働くダイビングインストラクターのブログです。ダイビング、海の生き物、ダイビングインストラクターの情報を発信していきますので、宜しくお願いします。
We're protecting the ocean
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2011年08月01日

猫鮫ちゃん

シロワニさんの続きです。

先日JAWSのDVDをお店で見ているときに ←仕事しろよ
オージーのお客さんが入ってきて、
そのDVDを睨み付けながら
「ここはダイビングショップか?」と不振な顔で聞いてきました。
「もちろん、だからシャークのDVD流してるんだよ」
って答えたら笑っていました。     ←それは苦笑い

このJAWSのヒット(1975年)のお陰で
ダイビングを始める方がその年は減ったそうです。
JAWSに出てくるサメはホオジロザメです。
この映画のイメージと顔の怖さ(ひとごとではない)が
ホオジロザメに人食いざめというレッテルを貼ってしまいました。

今でもこの映画の影響は大きく、
ダイビングを始める方から「サメは大丈夫ですか?」という
質問をよく受けます。

確かにサメちゃん(ちゃん付けのほうが親しみがわきますよね、エビちゃんみたいで??)は、人間に危害を加えることもあります。

でも人間がサメに危害を加えるほうがはるかに多く、
特にホオジロちゃんは、
フカヒレ漁や駆除によって個体数が減り、
絶滅危惧II類( 絶滅の危険が増大している種)に指定されいるほどです。

私も水中でホオジロちゃんに会ったことはありませんが、
できれば会ってみたいと思います。
(ホオジロちゃんが満腹で機嫌が良いときに限る)

映画のオーシャンズでホオジロザメと
一緒に泳ぐダイバーのシーンがありましたが、
あれは良かったですね、一番印象に残っています。
私も是非一緒に泳いでみたいと思いました。
(ホオジロちゃんが満腹で機嫌が良いときに限る)

さて、今日はシロワニさんに続き、
パースで見ることができるサメちゃんをご紹介します。

その名もネコザメ。

ネコザメはとてもおとなしく愛らしいサメです。



パース周辺にはこのネコザメの仲間のPort Jackson Sharkがいます。
ネコザメの仲間の中では最大種で1.5mほどになるそうですが、
いつも見かけるのは1m以下のかわいいやつばかりです。

食べ物はウニや貝類、甲殻類などで、
丈夫な歯で殻を砕いて食べるそうです。
おとなしそうだからといってうかつに手を出すと
噛まれたら痛いです。← そんな程度ですまないでしょ?

ネコザメちゃんは卵生ですので、
卵を産みます。その卵が面白い形をしていて、
どう見ても卵には見えません。見た目は太目のドリルです。

これでは産むときにお母さんは痛いのではないかと心配してしまいますが、
誰が見ても卵には見えないので安全なのかもしれません。
(子供のためにお母さんは大変ですね)

ちなみにネコザメちゃんは英語で
bullhead shark(牛頭ざめ)と言います。

ネコザメだからCat Sharkだと思いがちですが(私)、
Cat Sharkは日本ではトラザメという別の種類のサメです。

ややこしいーーー。

続く。。。

目指せ ダイビングインストラクター




人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(ダイビング情報)の記事画像
パース AB−1Grand Prix
ロブスターハンティングルール説明2015-2016
PADI サイドマウントダイバースペシャリティー
エビ獲りオヤジよりお知らせ
PADI ダイビングコースキャンペーン
テストドライブ
同じカテゴリー(ダイビング情報)の記事
 パース AB−1Grand Prix (2015-10-14 18:14)
 ロブスターハンティングルール説明2015-2016 (2015-10-04 18:34)
 PADI サイドマウントダイバースペシャリティー (2012-08-03 20:32)
 エビ獲りオヤジよりお知らせ (2012-04-30 20:25)
 PADI ダイビングコースキャンペーン (2011-12-12 16:03)
 テストドライブ (2011-12-06 22:57)

この記事へのコメント
ドリルのような卵。。。ううぅ痛そうです><。
確かにサメにアタックされて生き残った人がニュースになったりしますもんね・・・。だからと言ってサメを敵対視するってのもよくないですよね。
Posted by はるいっとはるいっと at 2011年08月01日 19:09
「ネコザメ」の名前の由来は、目(の様に見えるもの?)からですか?
でも、イングリッシュの人には「牛の頭」に見えるんですね~。

そういえば、近々、グレートバリアリーフでのサメの映画が公開されますね・・・。
ダイビング業界への影響はどうなんだろう・・・と心配になってしまいます^^;)
Posted by まむもむまむもむ at 2011年08月01日 22:08
猫好きの私としては愛したい気持ちもやまやまですが、どこがどうで猫なんでしょう!?w

まあ、シロワニちゃんよりも可愛らしさはありますがw

やっぱり鮫は咬まれるというイメージがあるので恐さを払拭するのは難しいでしょうね。
でも、正しい知識をつけるのが大事なんだと思います。
Posted by 小梅小梅 at 2011年08月02日 09:01
はるいっとさん、コメントありがとうございます。今度ドリルのような卵の写真をご紹介させて頂きます。サメの住処である海へ人間が入っている以上リスクはありますね。サメの本来の姿を紹介していきたいと思っています。
Posted by DIVE OCEANS PerthDIVE OCEANS Perth at 2011年08月02日 12:06
まむもむさん、コメントありがとうございます。ねこざめの眼の上に皮膚の隆起がある。この眼上隆起を和名ではネコの耳に、英名ではウシの角に見立てている(Wikipediaより)←また?
映画がダイビングに影響を与えることもありますが、最近はサメに関するちゃんとした情報もあるので、大丈夫だと思います。(不安)
Posted by DIVE OCEANS PerthDIVE OCEANS Perth at 2011年08月02日 12:12
小梅さん、コメントありがとうございます。猫鮫はぜんぜん猫らしくはないですが、赤ちゃん鮫はめちゃくちゃかわいいです。是非見て頂きたいです。
Posted by DIVE OCEANS PerthDIVE OCEANS Perth at 2011年08月02日 12:15
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
猫鮫ちゃん
    コメント(6)